お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

  • TOP PAGE
  • たるみを防ぐいろいろの工夫

お灸で顔のリフトアップをしよう

顔のリフトアップ方法は様々なものがありますが、その中でも変わり種としてあげあれるのが「お灸」です。

お灸は痛みを取るというイメージが強いと思いますが、実はお灸には痛み止め以外にも様々な効果があります。

今回はお灸のリフトアップ方法についてご紹介します。

まず、お灸の購入方法ですが、薬局で手に入れることができます。

お灸には熱さで種類がありますので、最初は最も弱いもので試してみましょう。

お灸は火を使いますが、肌に当たる部分はシールとなっているので肌を傷付ける心配はありません。

お灸の使い方ですが、顔に直接お灸を使うわけではありません。使う場所は、顔のリフトアップに効果的と言われているツボ部分に使用します。

お灸は使用後に軽い火傷跡が残りますが、顔には使わないのであまり気にせず使うことができます。

また、お灸の火傷跡はすぐに治るので他の場所でもあまり気にする必用はありません。

顔に繋がりのある手や足のツボにお灸を使うことにより、顔の血流やリンパの流れがよくなり、顔全体のむくみが取れ顔を引き締めてくれるのです。

お灸は身体の内側から肌を改善していく方法なので、気長に取り組むことが大切です。

年齢が出る首のシワをリフトアップしてアンチエイジング対策

首のシワは年齢が出やすい場所の一つです。

顔のリフトアップにばかり気を取られていると、首の老化が進んでしまいます。

顔のリフトアップと共に、首のリフトアップも心がけましょう。

首のシワの原因として、首のスキンケア不足、姿勢の悪さ、寝ている時の姿勢が挙げられます。

これらを改善することにより、首のリフトアップをすることができます。

首の皮は顔よりも薄い皮膚で覆われています。

さらに、日常生活の中で首を動かすことにより皮膚が引っ張られ、シワの原因となるのです。

首のスキンケア方法として、まず一番大切なのが保湿です。首を保湿をすることによりハリを保ち、シワを解消することができます。

姿勢の悪さも首のシワの原因になります。不格好な姿勢により首に負担が掛かり、皮膚が伸びてしまいシワの原因になります。

また、見た目的にも美しくないので、姿勢が悪い方は日常生活から意識して矯正するようにしましょう。

寝ている時の姿勢は、まず枕を見直すことから始めましょう。

高すぎる枕は首にシワを寄せてしまい、それが癖になり消えないシワとなってしまいます。

また、首を前に傾けることにより猫背の原因となり、姿勢の悪さに繋がってしまいます。

自分の枕を一度チェックし、身体に合った枕選びをしてください。

リフトアップテープのメリットとデメリット

有名歌手も愛用している「リフトアップテープ」というものがあります。

リフトアップテープとは、顔の皮膚を引っ張り固定するテープで、皮膚を引っ張り上げることでシワやたるみを一時的に消す方法です。

リフトアップテープは透明なテープでできており、耳の周りに貼り、たるんだ肌を持ち上げます。

耳周りのテープは髪で隠すことができるので、自然に顔をリフトアップできます。

リフトアップテープは簡単に使え、すぐに効果を実感できるのでお手軽なリフトアップ方法です。

しかし、使い続けることでデメリットも発生します。

まず、リフトアップの効果は一時的なもので、テープを剥がすと元通りの顔になってしまいます。使い続けることでのリフトアップ効果は期待できません。

寧ろ、たるんだ皮膚をテープで無理矢理引張いている状態なので、長期間使用することで肌にダメージを与えてしまいます。

皮膚を無理に引っ張ることでその部分の皮膚が伸びてしまい、元の状態よりも皮膚が余ってしまいます。するとたるみが余計に悪化してしまうのです。

リフトアップテープは一時的に使用するには効果的ですが、根本から肌をリフトアップさせたいという方は別の方法でリフトアップをすることをオススメします。

リフトアップ対策〜あご編〜

あごの肉や皮膚がたるむことで、肥満体型の方でなくても太って見えます。

あごのたるみの原因は様々です。主な原因としてあげられるのが、肥満や加齢、偏った生活習慣により皮膚のハリが失われるなどです。

あごのリフトアップには毎日のエクササイズが効果的です。

まず、左手を握り、人差し指を少し持ち上げあごの下にいれます。右手は首の後ろに回し、顔を固定します。

次に、「ら行」を一文字ずつゆっくり発音していきます。

あごを軽くつまんだら、軽く頭を前に傾け、その力で左手の人差し指をあごで押すような形にし、暫くキープします。

「ら行」の発音は英語っぽく、舌を使うことを意識して発音すると効果的です。「R」の発音はあご下の筋肉を鍛えてくれます。

関連記事

お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

Copyright (c) 2014 お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。 All rights reserved.