お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

  • TOP PAGE
  • リフトアップを確実にするために

リフトアップの大敵!これだけは避けるべき食べ物

リフトアップのために避けるべき食品というものがあります。

知らないうちに摂取している場合も多いので、普段から意識しておくと良いでしょう。

まず、高脂肪の食べ物はなるべく避けましょう。

肉類やバター、乳製品から作られているアイスは高脂肪の塊です。

脂肪分が高すぎると抗酸化物質が必要となり、細胞の老化の原因となります。

また、脂肪が身体に付くとその重みでたるみができてしまいます。

また、ほぼ毎日アルコールを摂取しているという方も要注意です。

アルコールにより血管に負担が掛かり、血管内のコラーゲンにダメージがかかります。コラーゲンが不足すると肌のハリが失われ、たるみの原因となってしまいます。

また、大量のアルコールは体内環境を悪化させ、新陳代謝の低下の原因になります。すると肌の健康も損なわれ、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

「噛む」ことでリフトアップ対策をしよう

フェイスラインのリフトアップには顔の筋肉「表情筋」を鍛えることが重要です。

この表情筋は、実は普段の食事を少し意識するだけで鍛えることができるのです。

まず、物をよく噛むように意識しましょう。一口につき20回程度の咀嚼をすると効果的です。

咀嚼をしやすいようにたくさん噛むことのできる固い食材を積極的に摂取したり、食材を大きくカットするなどの工夫をすると、自然と咀嚼回数を増やすことができます。

また、噛むときは両方の頬で万遍なく噛むようにしましょう。

どちらかの頬で噛む癖が付くと、片方の頬だけ表情筋が衰え、フェイスラインが崩れてしまいます。

片方の頬で噛む癖が付いてしまっている方は、意識して反対側の頬でも噛むようにしましょう。

噛む回数が増えることで、リフトアップだけでなく満腹感も得られるので、ダイエットにも効果的です。

普段の食事から意識してよく噛むようにしましょう。

リフトアップ対策はセルフケアか美容外科のどちらが有効か

リフトアップ対策にはセルフケアの他に、専門の美容外科で治療を受けるという選択肢があります。

専門の美容外科で治療すると、短期間で確実な効果が得られます。

ただし、専門の機械を使うので費用はかなりかかります。

また、場合によっては通院の必要性も出てくるので、コスト面だけでなく生活面でも負担が出てきます。

美容外科やコースによっては効果が得られないという場合もありますので、美容外科を選ぶ場合は事前にしっかりと下調べをしていきましょう。

セルフケアの場合、長期間のケアが必要になってきます。

毎日のケアが必要になってきますので、生活習慣が不規則な方には負担となります。

セルフケア方法やスキンケアも多岐に渡り、自分に合った物を見つけるのも大変です。

しかし、料金面では普段使いのスキンケアで足りるので負担は少なくすみます。

また、自分に合ったスキンケアやセルフケアを見つければ確実な効果が得られます。

リフトアップのためにはどちらがいいか、答えは「その人のライフスタイルによる」です。

自分のライフスタイルに合った方法をしっかりと考え、選びましょう。

リフトアップ対策のための生活習慣

リフトアップのためには普段の生活習慣から気を付けることが大切です。

まず、肌の様々なトラブルを引き起こす紫外線を防ぐようにしましょう。

紫外線は年中降り注いでいます。紫外線量が特に強い時期は日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。

紫外線量が少ない時期でも長袖を羽織ったり帽子を被って紫外線をなるべく避けるようにしましょう。紫外線を浴びることでコラーゲンが破壊され、肌のハリが失われます。

年間を通して、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

肌のハリを保つために乾燥を防ぐことも大切です。

身体を温めて血行を促進し、保湿効果が高いスキンケアを使うようにしましょう。

知らないうちにしている癖にも気を付けましょう。

例えば、頬杖や猫背は頬や身体のたるみに繋がります。見た目にも美しくないので、このような癖に心当たりのある方は意識して改善するようにしましょう。

リフトアップ対策〜頬編〜

頬のたるみは年齢とともに表れてきます。

加齢による顔の筋肉、「表情筋」の衰えが主な原因としてあげられます。

これを防ぐには、普段から表情筋を鍛える必要があります。

今回は自宅でできる簡単なリフトアップ方法をご紹介します。

まず、口を「あ」の形に大きく広げてください。

その形のまま、片方の頬を上に上げ、2秒間キープします。これを左右順番に5回繰り返してください。

しっかり口が広がっているか、頬がしっかり上がっているか確認するため鏡の前で行うことをオススメします。

表情筋エクササイズはいつでもできますが、入浴中など血行が良くなっている時に行うとより効果的です。

また、スキンケア後のエクササイズも効果的です。

スキンケア後は肌が柔らかくなっているので、普通に行うより頬が動きやすいかと思います。

関連記事

お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

Copyright (c) 2014 お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。 All rights reserved.