お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

  • TOP PAGE
  • 美しい人のスキンケア

リフトアップのためのスキンケア

アンチエイジングという言葉の浸透とともに、顔のリフトアップ専用のスキンケアというものが販売されています。

多くのメーカーから様々な種類のスキンケアが販売されていますが、どれが自分に合うのか、迷ってしまう方もいるかと思います。

まずリフトアップに大切なことは「保湿」です。

たるみの原因の一つとして、乾燥によるハリ不足があげられます。いくら高価なスキンケアでも、保湿力がなければ効果はないと思っていいでしょう。

また、ヒアルロン酸配合を全面に押し出しているスキンケアもあまり効果は期待できません。ヒアルロン酸は肌への浸透力が悪く、肌の奥まで届きにくい成分なのです。ヒアルロン酸を注射するなど直接肌へ注入しない限り、肌の表面から吸収することは難しいのです。

しかし、全く効果がないというわけではないので、ヒアルロン酸が配合されているスキンケアでも問題はありません。

保湿成分としてあげられるのが、セラミド、トレハロースですので、これらを多く含んでいるスキンケア用品を選ぶようにしましょう。

また、スキンケア専門のランキングサイトや口コミも積極的に利用しましょう。購入前の参考に役立てましょう。

お金をかけずに顔のたるみをなくすには

顔のたるみが気になる、けれどあまりお金をかけたくない…と思っている方は少なくないと思います。

今回はお金をかけずに顔のたるみを解消する方法をごしょうかいします。

まず、お金をかけずに顔のたるみを解消するためには、毎日の努力が必要です。継続することで初めて効果が出てくるので、毎日のスキンケアに取り込むなど、習慣付ける努力をしてください。

具体的な方法ですが、自宅で簡単にできる方法としてたるみ解消のマッサージがあげられます。

マッサージ方法も様々で、リンパの流れを良くして顔のリフトアップに繋げるマッサージや、表情筋を鍛えることで顔のたるみを引き上げるマッサージなどがあります。

インターネットや書籍などで様々なマッサージ方法が紹介されていますので、自分に合った方法を見付けてください。

また、毎日のスキンケアで「保湿」を意識することでも効果があります。

たるみの原因の一つとして、乾燥によるハリの低下があげられます。

毎日のスキンケアを保湿力のあるものに変えてみたり、保湿力が向上するスキンケア方法をしてみてください。

いずれの方法も毎日の継続が大切です。

しかし、正しい方法を毎日続けることで、お金をかけずに必ず効果は出てくるでしょう。

正しい洗顔で顔のリフトアップを目指そう

肌のたるみを防止するためには、毎日の洗顔が鍵です。

まず、洗顔をする際はぬるま湯で洗うようにしましょう。

冷たい水は毛穴を引き締め、汚れを落としにくくしてしまいます。汚れを落とすことで毛穴が引き締められ、顔のリフトアップに繋がります。

また、熱すぎるお湯も厳禁です。肌の保護をしている皮脂まで落としてしまうので、肌トラブルの原因になってしまいます。

洗顔は泡だけで肌に触れるように、優しく洗いましょう。

顔の皮膚は薄くとてもデリケートですので、ゴシゴシ洗いは厳禁です。力を入れて洗うことで肌にダメージが蓄積され、加齢とともにたるみとなって出てきてしまいます。

洗顔が終わったらタオルで軽く叩くように水分を拭き取りましょう。

洗顔は清潔な肌を保つためには必要なことですが、「なるべく肌に負担をかけないこと」「ぬるま湯で毛穴を広げて汚れを落とすこと」この2つを意識して行いましょう。

近年ではたるみを防止、改善する成分を配合した洗顔料も販売されています。

正しい洗顔方法と自分の肌に合った洗顔料を使い、肌のたるみを撃退しましょう。

顔のたるみに効くツボ押しマッサージ

顔には多くのツボが存在します。その中には、顔のリフトアップに効果が期待できるツボもあります。

今回は簡単にできるツボ押しマッサージを紹介します。

まず、耳たぶの下のフェイスラインから人差し指一本分ほど内側にある「頬車」というツボです。

歯を食いしばった時に盛り上がって硬くなる部分が頬車です。

ツボの押し方は、両手の人差し指を左右の頬車に当て少し痛いくらいの力で左右同時に押し込んでください。

次に、あごの真下のへこんだ部分にある「上廉泉」というツボです。

ツボの押し方は、あごを上げて利き指の親指を上記の頬車とうツボに当て、上に向かい押したり離したりを繰り返します。

ツボの場所は人により微妙に異なります。

まず大体の位置に指を当て、自分が痛気持ちいいと思った場所が自分のツボです。

ツボ押しマッサージの前に、自分のツボを探してみましょう。

何故顔はたるんでしまうのか?たるみの原因を知ろう

顔がたるんでしまうのにはいくつか理由があります。

たるみの大きな理由は、加齢による肌のハリの衰えです。

肌のハリは保湿力でキープされています。加齢により肌は水分を失ってしまうのです。

対策として、日常的に使うスキンケアを保湿力の高いものにするようにしましょう。肌を常に乾燥させないように心がけることが大切です。

皮下脂肪の肥大化も、原因の一つとしてあげられます。

皮下脂肪は人間の体温を調節したり、人間が動く際のエネルギーとして役立ちますが、加齢により代謝機能が衰え、皮下脂肪が肥大化してしまいます。顔に付いた皮下脂肪も同様で、重力に引っ張られ顔がたるんでしまうのです。

無駄な皮下脂肪を貯めないように、運動と食生活には気をつけましょう。

また、表情筋の衰えも大きな原因です。

食事の際に噛む回数が少なかったり、他人と喋る機会が少ない方は、自然と表情筋は衰えてしまいます。この筋肉が衰えることで、その上に付いてる皮膚や脂肪を支えきれなくなり、顔がたるんでしまうのです。

噛む回数を意識したり、顔の筋肉をよく動かすよう常日頃から意識するようにしましょう。

関連記事

お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。

Copyright (c) 2014 お顔のたるみを引き締め、あげる。女もあげる。 All rights reserved.